ディスプレイ

このモジュールは、ボードの前面にある 5×5 LED ディスプレイを制御します。イメージ、アニメーション、テキストの表示に利用できます。

_images/scroll-hello.gif

関数

microbit.display.get_pixel(x, y)

xy 行の LEDの明るさを返します。返り値は 0 (オフ)から 9 (明るい)までの整数値です。

microbit.display.set_pixel(x, y, value)

xy 行の LEDの明るさを設定します。 value にはv 0 (オフ)から 9 (明るい)までの整数値を指定します。

microbit.display.clear()

すべての LED の明るさを 0 (オフ)に設定します。

microbit.display.show(image)

イメージ image を表示します。

microbit.display.show(value, delay=400, *, wait=True, loop=False, clear=False)

value が文字列、浮動小数点数、整数であれば、文字/数字を順番に表示します。value がイメージの並びであれば、そのイメージの並びを順番に表示します。それぞれの文字、数字、イメージは delay ミリ秒間隔で表示されます。

waitTrue である場合、アニメーションが終了するまで関数がブロックし、 False の場合にはバックグラウンドで実行されます。

loopTrue である場合、アニメーションが永遠に繰り返します。

clearTrue である場合、表示が終了後にディスプレイをクリアします。

wait, loop, clear 引数は、キーワードを用いて指定する必要があることに注意してください。

注釈

iterable でジェネレータを使う場合、ジェネレータでメモリをアロケートしないよう注意してください。割り込みでメモリをアロケートすると MemoryError が起きます。

microbit.display.scroll(value, delay=150, *, wait=True, loop=False, monospace=False)

ディスプレィ上に value を水平方向にスクロールさせます。value が整数か浮動小数点数であれば、表示の前に str() を使って文字列に変換します。delay パラメータはテキストのスクロール速度を制御します。

waitTrue である場合、アニメーションが終了するまで関数がブロックし、 False の場合にはバックグラウンドで実行されます。

loopTrue である場合、アニメーションが永遠に繰り返します。

monospaceTrue である場合、文字は 5 ピクセル幅になります。 False の場合はスクロールでの文字間が 1 ピクセルのブランクになります。

wait, loop, monospace 引数は、キーワードを用いて指定する必要があることに注意してください。

microbit.display.on()

ディスプレイを有効にします。

microbit.display.off()

ディスプレイを無効にするのは off() を使います(ディスプレイに関連づけられた GPIO 端子を他の目的に再利用できるようにします)。

microbit.display.is_on()

ディスプレイが有効であれば True 、無効であれば False を返します。

microbit.display.read_light_level()

ディスプレイの LED を逆バイアスモードで利用して、ディスプレイのまわりの光量を検出します。戻り値は明度を表す 0 から 255 までの整数値で、値が大きいほど強い明度を意味します。

サンプルコード

ディスプレイに文字列を連続してスクロール表示することをバックグラウンドで実行します:

import microbit

microbit.display.scroll('Hello!', wait=False, loop=True)